キャットフードにおける4Dの考え方について

投稿日:

キャットフードで4Dミートという言葉が出てきますが何のことかご存知ですか。4Dミートとは、アメリカの食肉のランクのことを言います。死んだ動物の肉・死にかけの動物の肉・病気の動物の肉・障害のある動物の肉の事を指しているのです。もちろん、人間の食用に適さないのはいうまでもありません。

外国では、これらの肉を飼料用やペットフード用として加工して使われています。ここで間違ってはいけないのは、必ずしもミートミールが4Dミートではないという事です。ミートミールをキャットフードとして避けるべきなのは正直自分の家族でもある愛猫に与えるものではないと考えるからです。キャットフードはできるだけミートミールではないものを選びましょう。自然界に暮らしている肉食葬物は、捕まえた獲物の肉の他に内臓や皮なども含めて食べるのが一般的です。肉以外の部位から得られる栄養素もありますから一概に肉以外の部位がダメだとは言えません。このため病気に汚染された肉以外ならキャットフードに入っていてもそんなに気にする必要はないという専門家もいます。

アメリカでは、飼料検査官協会がミールを家畜別に様々なカテゴリーに分けてくれています。例えば、家禽用ミールでは、「羽・頭・足・内臓を除いた骨なしの清潔な肉と皮の搾脂品」と定義しており日本の畜産副産物より明らかに範囲が狭まっていることに注意すべきです。これらが愛猫の健康を維持することを考えているのです。
獣医監修キャットフードランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です